レディー

勝手に数値が上がる血糖値|知られざる血糖値の正体とは

断食よりもプチ断食

メジャー

ダイエットを行なう際に、何も食べずに過ごす人がいますが、それは危険なやり方です。何も食べずに行なうのではなく、野菜スープやグリーンスムージーなど摂取して消化に良いものを取り入れるプチ断食が、楽に痩せることができる方法として人気があります。

もっと読む

自分に最適なものを

メディシン

糖分と脂肪分の過剰摂取は、肥満の原因である体脂肪を増やす要因になります。吸収阻害作用のあるサプリメントは、糖分や脂肪分の吸収を抑える働きがあります。ダイエットには、サポニンやキトサン、米胚芽抽出物などのサプリメントが特におすすめです。

もっと読む

ブドウ糖の量で判断される

栄養剤

血液の中のブドウ糖濃度

血糖値とは、血液中のブドウ糖の量を表しています。つまり、ブドウ糖の濃度のことで血液100m中にどれぐらいのブドウ糖があるかというのが、健康診断などの血液検査でわかる血糖値というものです。基準として、空腹時は100mg/d未満、食後では140mg/d未満であれば正常と言われています。これは、食後は空腹時とは違い、食べ物により血糖値が上がるため、区別して基準値を設けています。検査時は、なるべく空腹時で行う方が数値を明確に知れるので無難です。この血糖値によって、正常型、正常高値、境界型糖尿病、糖尿病という段階に分けた分類をしています。糖尿病とは、血糖値が高いということで判断されることになります。

適正値であることが重要

血糖値が高いとは、血液の中に糖分が多いということです。それは、ドロドロした血液ということになり、それが全身を回るため血管を傷つけ、いろいろな合併症を引き起こすことになります。だから糖尿病、その予備群となる高血糖は良くないとなります。多くの人は、血糖値の高い方を気にしていればよいですが、血糖値が低くても問題が起こります。脱力感や手の震え、冷汗、動悸など、ひどくなると意識を失うこともあります。血糖値は低ければ低いほどよいというものではありません。この低血糖の症状が現れるのは、血糖値を低くする処置をしたり、薬を飲んだりといった糖尿病の治療をしている人が、起こりやすいと言われています。低血糖にも注意が必要となります。

地道に痩せられる方法

ダイエット

手軽にカロリーを抑えてダイエットを促進できるのが置き換えダイエットです。ダイエット成功のためには、マイペースでコツコツと継続することが重要なので、無理をしたプランは立てないようにします。あらかじめ期間を決めて挑戦すれば、モチベーションを維持することができるでしょう。

もっと読む